個人旅行でモンサンミッシェルに行きたいのなら100%現地発ツアーがおすすめ

海外旅行
スポンサーリンク

フランス、パリへ旅行へ行くならモンサンミッシェルも行きたい!と思う人は多いはず。しかし、意外にもパリ~モンサンミッシェルって結構な距離があることをご存知でしょうか?

パリからモンサンミッシェルは約370キロメートル離れており、東京から名古屋までがおよそ360キロメートルであることを考えると、結構な距離があることがわかります。

実は私もヨーロッパ周遊旅行の時にパリから個人手配で行こうかと検討していました。

しかし、お金、時間、経験どれをとってもツアーの方がいいと思ったため、自力で行くのではなくツアーを選択しました。

普段あまりオプショナルツアーは選ばないのですが、モンサンミッシェルは絶対ツアーの方が楽しめる!と思ったので、その時の経験をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ツアー代金が意外に安い◎

「オプショナルツアーは高い」

これが私の持論でした。

私は大学時代に海外旅行にはまり、在学5年間(フィリピンでインターンをするために1年休学しています)でアジア・ヨーロッパを中心に20か国をまわりました。

格安航空券・ゲストハウスで旅費を節約して、現地でお金を使いたい派なので、基本的にツアーではなく安くいける個人手配ばかり選んできました。

そのため、添乗員が付くツアー旅行はおろか、現地発オプショナルツアーを利用したことはほぼありませんでした。

「どこに行くにも現地のバスなどを使った個人手配が一番安い」

このスタンスでいつも旅先の移動や観光は自分で手配していました。

しかし、いざパリからモンサンミッシェルへの行き方を調べてみると、

「あれ、思ったより高いし、時間かかるやん…」

と思いました。

パリからモンサンミッシェルへ個人手配で行くには必ず電車・バスを乗り継がなければいけません。

一番メジャーな行き方はレンヌという街を経由していく方法だと思います。

パリからレンヌまでは電車で2時間かかり、チケットは40~80ユーロほどかかります。※金額はチケットを購入する時期によって変動します。

レンヌからモンサンミッシェルまではバスで1時間かかり、チケットは15ユーロかかります。

そのため、乗り継ぎの時間を考えると片道4時間、55~95ユーロ(約7,000円~12,000円)かかることになります。

しかも、フランスの田舎町なのでバスの時間はかなり限られます。そのため、夜に帰ろうと思うと終電がないなんてトラブルの可能性もあります。

そこで、私は普段は開かないgoogle検索で一番上にいつも出ているベルトラをクリックしました…。

モンサンミッシェル | フランス観光・オプショナルツアー予約専門 VELTRA
フランス モンサンミッシェルの現地オプショナルツアーをVELTRA(ベルトラ)がご紹介。幅広いジャンルの商品を豊富な体験談からお選びください。

すると、「あれ。意外に安い…」と気づきました。

確かに高いツアーは200ユーロ越えなどなかなか手が出ないものですが、なんと一番安いツアーなら100ユーロ以下からあるではないですか。

個人手配で行くと片道55~95ユーロかかるので、往復だと安くても交通費だけで110ユーロです。

「あれ、ツアーの方が安いぞ…?」

ツアー=高いと思い込んでいた私にとって青天の霹靂でした。

自分で電車の時間やバスの時間を調べて、乗り継ぎうまくいくか心配になりながら、乗り過ごさないか不安になりながら、スリに遭わないように気を付けながら無理して個人で行く必要ないですよね…。

ツアー最大のデメリットである価格問題が解決されたなら、個人手配で行くのは物好きくらいしかいないのではないでしょうか?

※もちろん移動を楽しむ、ローカルな雰囲気を楽しむといった醍醐味もあります。笑

夜のモンサンミッシェルを見て日帰りできる唯一の方法◎

ツアーの方が安いという意外過ぎる事実に驚いたのですが、ツアーの特典はそれだけではありませんでした。

なんと、冬季(11月~3月)なら日帰りで夜のモンサンミッシェルにいけるというのです。

こちらの記事でも熱弁しましたが、モンサンミッシェルは絶対に日が暮れてからの夜景をみるべきスポットです。夜のライトアップされたモンサンミッシェルは一生忘れられないくらい美しかったです。

しかし、個人手配で行くとどうしても終電が間に合わず、日帰りで夜のモンサンミッシェルを見ることは不可能です。

そのため、夜景を見たい人はモンサンミッシェル周辺の割高なホテルに泊まることになってしまいます。そうなると移動+ホテル代がかかり、1日半以上かかってしまいますよね。

ツアーだと個人で行くよりも安いのに日帰りで夜のモンサンミッシェルが見れるのです…。最高すぎませんか??

モンサンミッシェル日帰りツアー 夜景モンサンミッシェルとノルマンディーのいなか村<11~3月/オムレツ夕食付きプランあり/日本語> by EMI | フランス(パリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
朝9:30のちょっと遅めの集合が嬉しい日帰り夜景ツアー!昼~夕、夜へと移り変わるモンサンミッシェルの絶景を満喫!自由散策も楽しめる島内&修道院マップ付き。無料WI-FI付バスで長い移動も退屈知らず。ノルマンディーの可愛い村も訪れます♪

途中で立ち寄る田舎町が最高にかわいい

ツアーの魅力はそれだけではありません。

ただパリからモンサンミッシェルまで行って帰ってくるだけではなく、途中でかわいい田舎町によってくれるのです。

私が行ったときはあいにくの空模様でしたが、それでも十分すぎるくらいかわいい街並みにテンション上がりました。

パリとは違った雰囲気で、本当にかわいかったです!

かわいいマカロンのお店やおしゃれなちょっとしたレストランがあり、こじんまりとした街でしたがとても楽しめました。

車でないとなかなか行けないような田舎にあったので、本当にツアーに参加しなければ来ることはなかったと思います。

こういった便の悪いところにも行けるのがツアーの魅力の一つですよね。

モンサンミッシェルツアーの時に立ち寄ったフランスの田舎町

名物のオムレツを気軽に楽しめる

モンサンミッシェルの名物といえば「ふわふわオムレツ」ですよね。

せっかく行くなら是非食べたい!と思う人も多いはず。

ツアーで参加したおかげで格安で気軽に食べることができました。

もともと食事なしのツアーに参加していたのですが、移動のバスの中で一人20ユーロ(現在は値段が違うかもしれません)で名物の「ふわふわオムレツ」とフランスの林檎のお酒「シードル」をいただけるコースの案内がされました。

物価が高いヨーロッパで一食しかもお酒付きでこの値段なら安いです。

しかも、モンサンミッシェルの名物が気軽に食べれるとのことで、ツアーに参加している方の大半が注文されていました。

観光地のレストランってどこも割高で混んでいるのでなかなか入りにくいのですが、20ユーロでお酒もついていたので気軽にいただくことができました。

モンサンミッシェルで食べた名物ふわふわオムレツとリンゴのお酒シードル

まとめ

いかがだったでしょうか。

私の経験をもとにフランス・パリからモンサンミッシェルに行くなら絶対にツアーがおすすめ!ということを書かせていただきました。

個人で行くよりも交通費だけでもお得なのでぜひモンサンミッシェルへ行く方は検討していただけると嬉しいです。

私が実際に利用したツアーはこちらです。

モンサンミッシェル日帰りツアー 夜景モンサンミッシェルとノルマンディーのいなか村<11~3月/オムレツ夕食付きプランあり/日本語> by EMI | フランス(パリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
朝9:30のちょっと遅めの集合が嬉しい日帰り夜景ツアー!昼~夕、夜へと移り変わるモンサンミッシェルの絶景を満喫!自由散策も楽しめる島内&修道院マップ付き。無料WI-FI付バスで長い移動も退屈知らず。ノルマンディーの可愛い村も訪れます♪

夏に夜のモンサンミッシェルを見るためにはどうしても宿泊しないといけません。夏のヨーロッパは日没が遅い分、夜景を見るハードルが上がってしまいますね。。

宿泊も移動費とホテル代を考えるとツアーでも結構安いものがあるので、要チェックです。

モンサンミッシェル宿泊ツアー1泊2日 ホテルは個人手配 ノルマンディーのいなか村訪問<プレサレorオムレツ昼食付きプランあり/日本語/トイレ付バス> | フランス(パリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
フリープランと、日本語ガイド&昼食付きプランが選べるモンサンミッシェルツアー。ホテル手配は含まれていないのでご自身でお好みのホテルをアレンジできる所も魅力。自分の目的にあった内容を選択できるモンサンミッシェルツアーです。

Profile

Maru

大学時代に1年間休学して経験したセブでの長期インターンや海外旅行の話がメインです。

生まれも育ちも京都ですが、「ぶぶづけいかがどすか」はさすがに言わないです。Twitterで京都人ネタがバズるたびに何ともいえない気持ちになります。詳しいプロフィールはこちら

Maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました