【最短2カ月】英語のスピーキング力を伸ばしたいならセブ留学に行け

セブ島・英語
スポンサーリンク

英語をスラスラと話せるようになったらかっこいいですよね。

スピーキング力を伸ばしたいのならセブ留学に行くのが手っ取り早いです。

フィリピンの語学学校でのインターン経験をもとに、日本人が英語を話せるようになるためにセブ留学がおすすめな理由を紹介します。

スポンサーリンク

日本人はスピーキングができない理由

そもそも日本人は中高6年間英語学習をしているのに、なぜ話せない人が多いのでしょうか?

教育現場での指導カリキュラムや日本語との文構造の違いなど理由は多々あると思いますが、一番の要因は「アウトプットの少なさ」だと思います。

日本の教育現場では文法や単語などのインプットを重点的に行っており、自由英作文や英会話などのアウトプットはあまりありません。

英語は言語です。使わなければ習得できません。

聞いているだけ、読んでいるだけではわかった気になっているだけで、「使える英語」にはなっていないのです。

日本人が英語を話せない原因は圧倒的にアウトプットの時間が少ないからです。

逆に言えば、アウトプットの場をたくさん作れば、日本人でも短時間で英語を話せるようになります。

マンツーマンレッスンは話す時間が長い

英語のアウトプットをする場面で最もおすすめなのはセブ留学です。

1週間から行けるという手軽さと生活費込みで10万円からはじめられるという安さから人気のセブ留学。

1番の魅力は「マンツーマンレッスンが多いこと」です。

欧米留学は費用が高く、レッスンもグループレッスンが主です。また、レッスン時間は午前のみなど短時間です。

それに対してセブ留学だと1日8コマ、朝から晩までマンツーマンレッスンを受講することが可能です。しかも欧米留学の半額以下で。

マンツーマンレッスンだと話す時間、つまりアウトプットの時間がかなり長くとれます。

例えば1時間のレッスンを6人で受けると単純計算で1人あたりの時間は10分であり、マンツーマンレッスンの1/6の時間となります。

留学に行く時間があるのであれば、アウトプットの場を長く作れるセブ留学を強くおすすめします。

セブ留学なら初心者でも2カ月で英語は話せるようになる?

では、セブ留学で丸一日英語のレッスンを受けると、具体的にどのくらいの期間で話せるようになるのでしょうか?

個人差はありますが、大体の目安をご紹介します。

ちなみに、英語の基本的な文法・単語を知らないレベルの人を想定しています。

  • 1週間:外国人と話すことに抵抗がなくなる。簡単なコミュニケーションなら可能。
  • 2週間:1週間とあまり効果は変わらない。文法・単語のインプット不足に気付く。
  • 1カ月:留学当初から取り組んだ文法・語彙が身につきだす。
  • 2カ月:ゆっくりであれば日常会話が可能なレベル。

英語を話せる、といっても色々なレベルがありますが、2カ月あれば英語初心者でも簡単なスピーキングはできるようになります。

ただ、ネイティブとの早口での会話や、時事問題などの難しい内容を話すほどのスピーキング力は付きません。

初級者でも2カ月で日常会話ならできるようになりますが、ぺらぺらになるにはまだまだ時間がかかります。

まずはオンライン英会話がおすすめ

ここまでアウトプットの時間をとるためにセブ留学を強くお勧めしてきましたが、もちろん日本でもアウトプットの時間をつくることは可能です。

日本で簡単にできる英語のアウトプットはオンライン英会話を始めることです。

留学ほどお金はかからず、自宅でスマホ・パソコンで気軽に毎日英語に触れることができます。

英会話教室ならグループレッスンで1回2000円が相場ですが、オンライン英会話なら1回200円前後でマンツーマンレッスンを受けることができます。

また、オンライン英会話なら隙間時間にできるので、英会話教室よりも続けやすいです。

まとめ:英語を話せるようになりたいならアウトプットが大事

この記事では英語のスピーキング力を伸ばすためにはアウトプットが大切ということをかきました。

アウトプットの時間を作るためにはセブ留学がダントツおすすめです。

セブ留学はマンツーマンレッスンで1日8コマ受講可能なので、一気に上達することが可能です。

英語初心者の方でも2カ月あれば日常会話レベルまでスピーキングができるようになります。

また、留学に行く時間がない人にはオンライン英会話もおすすめです。

少しでも英語のアウトプットの時間を作って、英語のスピーキング力を向上させましょう。

Profile

Maru

大学時代に1年間休学して経験したセブでの長期インターンや海外旅行の話がメインです。

生まれも育ちも京都ですが、「ぶぶづけいかがどすか」はさすがに言わないです。Twitterで京都人ネタがバズるたびに何ともいえない気持ちになります。詳しいプロフィールはこちら

Maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました