【ワーホリ・海外留学者必見】長期海外保険に無料で入る裏ワザ

セブ島・英語
スポンサーリンク

ワーホリや留学などで長期海外滞在を考えたときに必要となる意外と大きな出費、保険代。

半年の海外留学でかかる保険費用は最低でも10万円ほどです。

これを0円に抑えられたらいいなと思いませんか?

実はクレジットカードの保険を使えば長期の海外保険でも無料でカバーすることができるのです。

今回は半年間のセブ留学を保険代0円で済ませた話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

クレジットカード保険の落とし穴

短期の旅行などではクレジットカードの保険を利用される方は多いと思います。

しかし、海外留学などの長期海外滞在の時はクレジットカードの保険ではなく、保険会社の保険を検討される方がほとんどだと思います。

というのも、大抵のクレジットカードの保険が90日以内の海外渡航に限ると表記されているからです。(クレジットカードによっては保険適用期間を60日以内に限定しているものもあります。)

どうにかして抜け道はないのかなと思って調べてみたところ、ありました。

保険適用期間が90日のクレジットカードを複数枚組み合わせればいいのです。保険適用期間が90日のクレジットカードを4枚組み合わせると

90日間の保険期間×4枚のクレジットカード=360日間の保険期間

ほぼ1年分の保険が出来上がります。

しかし、このようなことが可能なのでしょうか?

クレジットカードの保険には自動付帯と利用付帯がある

複数のカードの保険をつなぎ合わせるには、クレジットカード保険の付帯方法について知っておく必要があります。

自動付帯というのはクレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。特に何もしなくても、海外旅行へ出発したその瞬間から90日間は保険が適用されます。

それに対して利用付帯というのはクレジットカードを利用しなければ保険が適用されません。自動付帯のクレジットカードとは異なり、クレジットカード会社が指定する範囲内で何かにカードを使わなければ保険が適用されません。

ほとんどの利用付帯のクレジットカードは、航空券や旅行のツアー料金、出国までの公共交通機関の料金などをクレジットカードで旅行前に支払うことで、旅行出発日から90日間は保険が適用されます。

今回注目したいのはこの利用付帯のクレジットカードです。

利用付帯のクレジットカードの中には、保険適用の条件・補償対象期間が以下のものがあります。

下記1~3のいずれかを満たした場合、補償適用となります。
1.日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金を当該カードでクレジット決済した場合
2.日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を当該カードでクレジット決済した場合
3.日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した場合

【補償対象期間について】
自動付帯分については、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象となります。カード利用条件付帯分については、旅行開始前にカード利用条件を満たした場合、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。出国後に初めてカード利用条件を満たした場合、カード利用条件を満たした時点から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。

https://www.smbc-card.com/mem/service/li/hoken_kaigairyokou.jsp

つまり、出国前に旅行関係の支払いをこのカードでは行わずに旅行期間中に公共交通乗用具の支払いでカードを使えば、旅行途中から保険を適用させられるということです。

例えば最初の90日間は自動付帯のカードの保険を使い、89日目に現地で公共交通乗用具の料金を利用付帯のカードで支払えば保険期間を延長できるのです。

この方法を繰り返せば保険適用期間はカードの枚数×90日分だけ伸ばすことが出来ます。

旅行後に利用開始可能なクレジットカード紹介

では、保険期間を延長させるのに使えて、かつ、年会費無料のカードをここでは2種類紹介したいと思います。

三井住友クラシックカード

「三井住友VISAカード」でおなじみの三井住友株式会社のカードです。

スタイリッシュな見た目のこのカード。

航空機や電車、船、タクシー、バスなどの公共交通機関の料金を現地でカード払いすればその日から保険期間を3か月間適用させることが出来ます。私が実際にフィリピン留学をするときに海外保険用に作ったのがこのカードです。

海外キャッシング機能も付いており、海外渡航の際には一枚持っておきたいカードです。

リクルートカード

こちらもスタイリッシュなデザインのカードです。

キャッシュレス診療が可能なので海外で万が一病気になったりしたときに安心です。

また、リクルートカードでたまったポイントはすべてPontaポイントになるので、ポイントを日常生活で消費しやすいです。

最後に

余談ですが、複数のクレジットカードを持っている場合、すべての保険の恩恵を受けることが出来ます(死亡保険は最も高額の保険額のみ受け取ることが出来ます)。

つまり、もし入院したとしてもクレジットカードを複数枚分の保険を利用できるのでおつりが返ってくるかもしれないということです。

また、クレジットカードは機械によっては使えないこともあります。

リスクヘッジのためにも年会費が無料のクレジットカードを複数枚持って海外へ行くことをおすすめします!

Profile

Maru

大学時代に1年間休学して経験したセブでの長期インターンや海外旅行の話がメインです。

生まれも育ちも京都ですが、「ぶぶづけいかがどすか」はさすがに言わないです。Twitterで京都人ネタがバズるたびに何ともいえない気持ちになります。詳しいプロフィールはこちら

Maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました