フィリピン人の英語はなまりがあるって本当?元語学学校インターン生が語る。

セブ島・英語

フィリピン留学を考え始めたときに浮かんでくる懸念事項のひとつが『フィリピン人の英語力』です。

「いくら公用語が英語といえども本当に英語を話せるの?」

「フィリピンなまりが強くて通じないんじゃないの?」

そう思われる方も多いでしょう。

今回の記事では私がフィリピン・セブの語学学校でインターンをして感じたフィリピン人の英語について書きたいと思います。

結論としては「フィリピン人の英語はむしろ聞き取りやすくおすすめ」

百聞は一見に如かずなので、実際にフィリピン人と無料オンライン英会話を体験してみることをおすすめします。

【おすすめ】オンライン英会話無料体験レッスン

フィリピン人の英語力は人それぞれ

まず初めに、「フィリピン人みんなが英語をペラペラというわけではない」という事実をお伝えしたいです。

フィリピンでは小学校から大学まで国語・歴史以外の授業は英語で行われます。しかし、フィリピンの全国民がその教育を受けてきたわけではありません。

家庭の事情などで学校に通えなかった人や、教育を途中でドロップアウトした人もたくさんいます。

そのため、フィリピン人の英語力は個人によって大きく差があるように感じます。

例えば医者や教師、プログラマーなどはフィリピンでは大学まで進学して教育を受けなければなることはできません。

そのためそういった職業の人たちは小学校から大学までずっと英語で授業を受けて来たため、英語の理解力があるのはもちろん、英語で会話をすることも可能です。

しかし、ジプニーのドライバーや大衆向けレストランなどの店員は英語を話せる人は少ないです。大抵の人は挨拶を簡単な英語くらいは話せますが、会話になるとフィリピンなまりが強く聞き取りにくい人が多いです。

フィリピンの英語は、アメリカ英語のアクセントともイギリス英語のアクセントとも異なります。タガログ語やセブアノ語、ビサヤ語などの母語に引きずられたアクセントになります。

フィリピン人の英語力は本当に人それぞれなので、全員が話せるものだと思って行くとギャップを感じるかと思います。

教師になる人たちの英語力はどれくらい?

では、留学生に英語を教える語学学校のフィリピン人の英語力はどれくらいなのでしょうか。

フィリピンでは教師になる人は大卒者なので、小学校から大学まで英語を使って様々な教科を学習してきています。そのため英語力はかなり高いです。

ただ、ネイティブの英語とはやはり異なります。

ネイティブの英語ではスラングやりくだけた言い回しが多く存在しますが、フィリピン英語は母語でないからこそスラングがない聞き取りやすい発音かつ教科書通りの文法で話します。

また、話すスピードもネイティブに比べると遅くなります。

アクセントは先生によって異なりますが、アメリカンアクセントともブリティッシュアクセントとも異なる場合もあります。

なので、最終的にネイティブのように話したいと思っている人にはフィリピン留学は向いていないと思います。

アクセントなど細かいことは後で修正するのでとりあえず手っ取り早く英語を話したいと思っている人や、アメリカ留学やイギリス留学の準備として考えている人にはフィリピン留学はぴったりだと思います。

フィリピン英語はなまっているって本当?

フィリピン英語は確かになまりがあります。

ただ、そのなまりというのは個人差があり、英語講師をしている人のなまりはアクセントが少し異なること、スラングがあまりないことくらいです。ネイティブの人と話していて、発音が悪すぎて聞き取ってもらえないようなレベルでなまっているフィリピン人教師はいないと思います。

そもそも、イギリス人が話す英語とアメリカ人が話す英語ではアクセントが異なります。

どちらかを基準とするならば、ネイティブの国でもなまっていることになります。

そもそも、英語はコミュニケーションのツールであり、美しいアクセントで話すことが最重要項目ではありません。大切なのは英語話者とコミュニケーションを取れるか、だと思います。

ネイティブのような発音に憧れているならフィリピン留学ではなくアメリカ留学やイギリス留学をおすすめします。

しかし、その前準備として英語の基礎を固めたい人や発音の基礎を学びたい人にはセブ留学の方が向いています。

最後になりましたが、フィリピン人の英語に不安がある人はオンライン英会話の無料体験で実際にフィリピン人の英語に触れてみてください。

エイゴックスはネイティブ、日本人、フィリピン人講師の中から選んでレッスンを受けることができるので、聞き比べたい人にぴったりです。

【おすすめ】オンライン英会話無料体験

Profile

Maru

大学時代に1年間休学して経験したセブでの長期インターンや海外旅行の話がメインです。

生まれも育ちも京都ですが、「ぶぶづけいかがどすか」はさすがに言わないです。Twitterで京都人ネタがバズるたびに何ともいえない気持ちになります。詳しいプロフィールはこちら

Maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました