【実体験】北京トランジットでのエアチャイナ無料ホテル利用当日の流れ・感想など

海外旅行
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

エアチャイナの無料トランジットホテルについて情報がなかなかネット上になくて実際に利用するまでとても不安だったので、当日の流れなどを詳しく説明します。

イミグレのところや宿泊して困ったことなど実体験をもとに記入しています。

私が利用したのは2019年の5月であり、関空~北京~モスクワのフライトでトランジットホテルを利用しました。

旅行前に少しでも不安を取り除けると嬉しいです。

ちなみに予約がまだの方は、予約方法についてはこちらで詳しく説明しています。

【裏ワザ】エアチャイナの無料トランジットホテル予約方法を詳しく説明
エアチャイナが運営している無料のトランジットホテルが北京・上海・天津・成都・杭州・重慶の空港付近に複数あり、 フライト条件を満たしていると誰でも無料で泊まれることができます。条件や予約方法についてスクリーンショット交えつつわかりやすく紹介します。
スポンサーリンク

空港到着後、どこに行って何をすればいいの?

飛行機到着~入国審査まで

いざ飛行機が中国国内の空港に到着したあと、トランジットホテルを初めて使う場合どこに行けばいいのか不安ですよね。

エアチャイナのトランジットホテルは空港外にあるので一度中国へ入国する必要があります。

北京空港には有人の入国審査とは別に24時間以内の人用トランジットレーンがあり、私は勘違いして一度トランジットレーンに並んでしまいました。

トランジットレーンとは入国せずに次のフライトの出発ゲートまで行く人専用のレーンです。

ここのレーンに並んでしまうと入国はできずに免税店などがある出発ゲートに案内されてしまうのでご注意ください。

私は間違えて一度免税店のところまで行ってしまったので空港職員に相談して再度到着ゲートに連れて行っていただきました。これのせいで1時間ほど時間をロスしてしまいました…。ご注意ください。

入国に必要となるのがArrival Cardと指紋チェックです。

Arrival Cardは飛行機内で配られることもありますが、入国審査のところにも置かれています。

指紋チェックは中国独自のシステムのようで、私も初めて経験しました。

入国審査の近くにATMのような小さなマシーンが数十台置かれており、そこで指紋とパスポートの登録をします。

空港職員がサポートしてくれるので機械が苦手な人も安心です。

指紋の登録ができるとレシートのような小さな紙が出てくるので、その紙とArrival Cardをもって入国審査のレーンに並びます。

ちなみに日本のパスポートをお持ちの方は中国滞在が15日以内であればビザは不要です。海外旅行していると日本のパスポートの強さをいろんな場面で感じます。

北京空港~トランジットホテルまで

入国審査が終わると空港内の電車で出口へ向かいます。

北京空港はかなり大きくてターミナルも複数あり、ターミナル間の移動にモノレールのような電車が走っています。

出口はでターミナル3のCにあるのでそこまで向かいます。

荷物受け取りを通り過ぎると、ようやく空港の外に出られます。

ちなみに、チェックインの時に荷物について何も言ってなければそのまま最終目的地までもっていかれます。そのため荷物受け取りはスルーして問題ありません。

さて、空港の外に出られたら、予約確認メールに書かれている集合場所へ向かいます。

私の場合Terminal 3, building Cの2階B出口の向かい側にあるエアチャイナのトランジットサービスデスクが集合場所でした。

メールに書かれていた集合場所に行くとエアチャイナのスタッフがいるので名前とトランジットホテルを予約していることを伝えます。

英語が不安な方は「トランジットホテル!〇〇(名前)!」というだけで伝わるので心配しなくて大丈夫です。

スタッフが名簿リストのようなものをチェックして、ホテル名が書かれたカードのようなものを渡されます。

シャトルバスの準備ができたら呼ばれるのでカードを渡してシャトルバスへ向かいます。

ちなみに用意されていたシャトルバスは古い大型観光バスでした。

乗っていた人は私たち以外は全員中国語を話しており、人数は全部でおよそ20名ほどだったと思います。

バスの中の様子

私が泊まったのは北京空港奥竺賓館というホテルでした。空港からは10分ほどで到着しました。

エアチャイナの無料トランジットホテルはこんな感じ

ホテル到着後、パスポートと航空券を出してチェックインをします。

このときに空港までのシャトルバスの時間も決められるので忘れないようにメモしましょう。

私の場合、出発の3時間ほど前のバスをすすめられました。

そして気になる部屋がこちら。

建物や内装はかなり古いですが、部屋自体はそこまでひどくなかったです。

綺麗なわけではありませんが、一泊くらいなら我慢できるレベルです。

備え付けのドライヤー、ポット、冷蔵庫、テレビがあり、アメニティはタオル、ボディソープ、歯ブラシなど基本的なものはありました。

Wi-Fiもついており、満足のいく早さでした。

google mapやBooking.comなどのサイトでは口コミがかなり悪いので不安でしたが、思ったよりひどくありませんでした。

ちなみに口コミで「朝食がまずい」と皆さん書かれていたので、朝食は無料でしたが食べませんでした。

後悔① 少額でもいいから中国元は必要

ホテル自体にはおおむね満足だったのですが、ホテル到着後にめちゃくちゃ後悔したことがあるのでぜひここでシェアしたいと思います。

もしエアチャイナの無料トランジットホテルに宿泊予定の方は下記に気を付けてください。

私はせっかく21時間もトランジットがあるので、ホテルに荷物を置いてから街へ行こうかなと思っていました。

しかし、ホテルについてから気付いたのですが、中国元を一銭も持っていなかったのです…。

これでは街に行くためのタクシーにも乗れません。

ホテルでの両替をあてにしていたのですが、両替はしていないと断られてしまいました。

また、近くにあったATMでお金をおろそうと思ったのですが、クレジットカードのキャッシングができずにそちらも諦めました。

現金がなくて街に出られないのならホテル周辺をできる限り楽しもうと思い、少し周りを散歩しました。

ホテル周辺の様子

写真を見てもわかるように、あたり一面ほぼ真っ暗です。

空港周辺はどこの国もあまり栄えていませんよね。

唯一あった飲食店がこちら。

ホテルの宿泊客なのかわかりませんが、結構にぎわっていておいしそうな火鍋屋さん。

せっかくトランジットとはいえ中国に来たので本場の火鍋料理を食べたい!と思ったのですが、こちらクレジットカードは使えないとのことでした…。つらい。

外観も店内もすごくきれいで、おいしそうな香りがしていました。

レストランに入れないのなら仕方ないと思い、近くにファミリーマートがあったのでそちらで食料を調達しようと思いました。

しかし、ファミマでもクレジットカードは使えず…。

日本にはない飲み物やデザート、お惣菜があってとてもおいしそうでした。

このように現金がなければお金をおろすこともできず、クレカを使えるところもないので、少し飲み物を買いに行くことさえできません。

食事代くらいはエアチャイナのサービスデスクに向かう前に両替しておく方がいいと思います。

もちろんホテル内はクレジットカードが使えたので、ホテルで割高なカップラーメンを食べて飢えをしのぎました。

売店は水やカップラーメン、お菓子、アイスくらいしか置いていなかったので、ホテルに泊まるのなら現金を持っておくか食料持参することをお勧めします。

ちなみにホテルに無料のミネラルウォーターはありませんでした。

ホテル内にも中華料理レストランがあったのですが、いまいちメニューがそそられなかったので私は利用しませんでした。

後悔② 中国のネット制限を侮ることなかれ

中国ではネット制限が厳しく、TwitterやInstagramなどのSNSが閲覧できないことは有名ですよね。

しかし、規制されているのはそういったSNSだけではありません。

LINE、Google MAP、Chrome、Google Play、G-Mail、すべて見ることができないのです。

今回中国へはトランジットだけだったのであまり下調べをしておらず、痛い目に遭いました。

私はアンドロイドを使っているのですが、最も痛手だったのはChromeが使えないことです。

普段Chromeを使ってネット検索しており、中国入国後何も調べることができませんでした。

中国のタクシーがクレカを使えるかどうか調べることもできませんし、周辺に両替ができる場所があるか調べることもできません。売店で見つけたカップラーメンがおいしいかどうかを調べることもできないのです。

iPhoneを使っている方はSafariを使えますが、検索エンジンをGoogleではなくBaiduなど他のものにする必要があります。

私の場合気づいたのが中国に到着後だったので新たに他の検索エンジンアプリを入れることもできず、スマホが本当にただの時計になってしまいました。

Google関連が使えないということは知っていましたが、まさかChromeもGoogle Playも使えないというのは盲点でした。

ちなみにG-Mailも使えないので、エアチャイナからの集合場所やホテル情報が書かれたメールをGmailで見ている方は必ずスクリーンショットを撮っておきましょう。

中国到着後に確認しようとしても見ることができないのでご注意ください。

VPN接続などいろいろと方法があるようですが、トランジット生活をスマホなしで乗り切れない人はぜひ事前に中国のネット規制についてきちんと調べておきましょう。

まとめ

エアチャイナの無料トランジットホテル利用までの手順、実際使ってみた感想、後悔をまとめてみました。

準備不足のせいでトランジット滞在がとても不便だったので、ぜひ皆さんには行く前の事前準備をしっかりしていただいて快適に過ごしていただきたいです。

トランジットホテルの予約をまだされていない方はこちらの記事で予約方法を詳しく説明していますので、こちらも読んでみてください。

【裏ワザ】エアチャイナの無料トランジットホテル予約方法を詳しく説明
エアチャイナが運営している無料のトランジットホテルが北京・上海・天津・成都・杭州・重慶の空港付近に複数あり、 フライト条件を満たしていると誰でも無料で泊まれることができます。条件や予約方法についてスクリーンショット交えつつわかりやすく紹介します。

Profile

Maru

大学時代に1年間休学して経験したセブでの長期インターンや海外旅行の話がメインです。

生まれも育ちも京都ですが、「ぶぶづけいかがどすか」はさすがに言わないです。Twitterで京都人ネタがバズるたびに何ともいえない気持ちになります。詳しいプロフィールはこちら

Maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました